さんぽ舎のアトリエ


日々の制作
by sanposha

<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

着付け教室2

f0148410_332163.jpg

今日は待ちに待った着付け教室の授業でした。
「着物を学びたい」という同じ気持ちを持った様々な方々が無差別に集められた空間が
新鮮でナンとも面白い。
授業では一気に着物まで着付けを習いました。
あとは、感覚で覚えるまで、なんども反復。
すごく学びやすいです。

今は着物も本当に着やすい時代になったんですね。
小道具も色々改良されていて、苦しくないし、解りやすいし、
コツをつかめば自分でもきっと綺麗に着れる!という希望が持てました。

来週は名古屋帯の結び方を学ぶ予定。
講師の先生が本当かっこよく着物を着こなしていて、とっても素敵。
まさに博多美人。
あんなさらっと着こなせるようになりたいです。

12月にはお友達の結婚式があるし、
その時には自分で着物を着て行きたいな。
コレが目下私の目標です。
[PR]
by sanposha | 2007-09-25 23:55 | 和生活

ジャックとチクチク。

f0148410_0494214.jpg

今日はこもってひたすら制作。

まずはun*incさんのイベントに納品させていただく予定のボタンの準備。
ボタンを布に縫い付けては袋につめて、タグをつけて完了。

その後は刺し子の巾着作りにひたすらチクチク。

ハンドメイドの制作中は音楽をかけたり、テレビやDVDをBGMに。
私の中でけっこう熱いのが、アメリカTVの「24」。
主人公のジャック・バウワーがもんのすごい状況の中で、
事件を解決していくお話。
そのスピード感、危機感といったら、まあ、本気で同情するほど。
「この人いつご飯食べてんの?」(前にカロリーメイトのCMに出てましたね。)
「あー、疲れた。ちょっとお茶しよ~」
なんて、まったく出来ないジャックに、勝手に心配やら同情。

でも、何故か「24」をBGMにすると、制作がはかどる。

不思議なもんですね。

絵を制作するときは、やっぱり音楽が主流。

BGMって、結構大事です。
[PR]
by sanposha | 2007-09-19 23:38

お稽古初日

f0148410_19574619.jpg

体調もだいぶ改善して、張り切って行ってきました。
今日からスタートの着付け教室。
初日と言う事で、自己紹介やら小物の名前や説明で終わりましたが、
十分勉強になりました。
心はすでに来週に向けてワクワク♪

着付けは母から少しづつ教わっていました。
でも、実家に暮らしていないため里帰りの機会に習う程度。
そして、福岡では一人で着なくてはいけない・・・という現実に気づき・・・

どうしても、自分だけで着れる様になりたい。
もっともっと、着物や和の伝統に触れたい。
そして普段から着物生活をしたい。

そんな思いからちゃんと着付け教室に行く事に。

ふと、考えてみると私のまわりには和に触れる機会が沢山ありました。
だから意外と色々着てきたかもしれません。

おばさんはお茶の先生。
そして私の母は若い頃からお茶とお花、そしてお琴を習っていました。
(んま~。いかにもってなくらいの昔の花嫁修業タイプ?)
だから、家にはお着物やらお琴、母が生けるお花など、
さりげなく和が存在していました。
母がそうだから、当然おばあちゃんもそうなわけで、まるでお家芸のように
私も子供の頃から何かにつけてお着物を着せられていました。
子供の頃には解らなくて、お琴の弦を遊んで壊してしまったり、遠山の金さんの真似をして、お着物を着て近所を走り回って汚してしまったり。

でも、その頃から母の生けるお花には、子供ながらに何か神聖なモノを感じていたのを覚えています。
毎年お正月になると、母が生けるお花を家族で愛でるこの習慣は今でも続いています。

子供の頃に買ってもらった大きな日本人形。
通称「おでこちゃん」。
この子は今も実家の私のお部屋に君臨しています。
友達は「怖っ!」と言いますが、
私にとっては苦楽を共にした仲良しさんです。
福岡にも連れてきたかった。

毎回実家に帰ると、必ず母と呉服屋さんへ。
私も母も何故かノリノリ。

今回着付け教室に行く事を誰よりも喜んでいるのは母かもしれません。


家族のあちこちにさりげなく和が存在。
私だけじゃなくて、けっこう皆こんな感じなのでは。

やっぱりここは日本です。
[PR]
by sanposha | 2007-09-18 20:56 | 和生活

体調不調。

f0148410_0381427.jpg


理由は一目瞭然。
寝不足と食生活の乱れ。
少し風邪気味。
そして追い討ちをかけるように、
現在、女の宿命sevendays war真っ只中。(さあ、何でしょう?)


でも、心は明日に向けてちょっとドキドキ。
お稽古事の初日。
遠足前の子供のように、ワクワクしながら明日の支度にとりかかる。

そして今日ついに!注文していたDVDが静岡から届く。ウッハハ~イ♪
エスパルス2006版。
静岡っ子のお約束。

今の私、体と心が全く正反対の状態なのです。

顔は真っ青。咳をしながら、上機嫌にDVDの試合にヒートアップする。
ハイな病人。
カズちゃん少し怯えています。
[PR]
by sanposha | 2007-09-17 23:35

青と赤のコントラスト。

夕方の作業部屋の窓から差し込む不思議な色にハッとする。
外に出てみたら景色一面紫色。
雨上がりの真っ青な空と、真っ赤な夕焼けのコントラスト。
f0148410_2350224.jpg


あまりの綺麗さに、恐怖と感動。
この紫色。
純粋な青と赤を混ぜたら丁度こんな色が仕上がるのね・・・。

ふと気がつくと、近所のおじさんおばさんが窓から空を仰ぎ、兄さん達も外に出て、
見慣れた景色の偶然の変化を愛でていました。

これは写真に留めたい!と、私は手にカメラを担いで近所をしばらく俳諧。
デジカメでパチリ。lomoでパチリ。
でも、ふと疑問。
この風景、まるでlomoやfolgaで撮った時みたいな色合い。
そんな風景をlomoで撮ってしまったら、いったいどんな写真が出来上がるんだろう?
何だかすんごいモノが出来るんではないかしら・・・?
今から不安とドキドキです。

家に戻って、一週間ぶりの休みをひたすら眠って満喫していたカズちゃんを、
「ハルマゲドンだ~!」とだまし討ちでたたき起こし、慌てて外に追いたてた私。
ウソでたたき起こされた事もすっかり忘れて、
不思議な景色に寝ぼけた頭もどこへやら、
乙女の様に「きれーい!」を連発するカズちゃん。

しばらく二人でボーっ。

何だかすんごいモノを見せられた気分。
やっぱり自然にはかないませんです。

地球に生まれた事に改めて万歳!
[PR]
by sanposha | 2007-09-16 23:50

天神でフラフラユラユラ。

今日はお友達と天神でフラフラ。

その子と会うと、いつもあっという間に時が経ってしまう。
よく考えてみると、それってとっても不思議な事。
嫌な時は時間が経つのがとてつもなく長いし、楽しい時はあっという間。
時間の経過って、やっぱり心、というか精神にすごく関係しているって証拠。
つまり自分に大事な時期や、大切な人との時間はそれだけ早く過ぎてしまうって考えると、
とってもはかない。
だから大事にしなくちゃね。

まあまあ、不思議探求はこのくらいにしておいて、今日は何かと心にぴんと来る場面が何度か。

不思議なめがねのおばちゃん二人が手と手をとり合い、仲良く街をかっ歩していたり。
なんてステキな方々!思わずシャッターを切りました。この写真は私のコレクションの仲間入り。

その目撃のすぐ後、お友達とお茶しようとチャリを降りると、なんと馬が道に存在しているではありませんか!?
f0148410_3232717.jpg


名前はくるみちゃん。
後姿もキュートです。
なんでもPR会社の宣伝のために登場したのだとか。
くるみちゃんに皆引き寄せられて群がっておりました。
酔っ払いのおっちゃんも、あっち系のおっちゃんも、くるみちゃんを発見すると、純粋な顔をして
くるみちゃんを撫でておりました。
お馬さんの癒し力って、やっぱりすごいね。


その後はカランコロン京都、ナチュラルキッチン、イムズにフラフラ。
大好きなお洋服屋さんに顔を出し、漫画仲間のスタッフさんと、しばし「王家の紋章」の話題でご挨拶。
バタバタしていてスミマセンでした。今度はゆっくりお伺いしますね。

その後はふたたびお茶にご飯にユラユラ。

合間にお仕事も忘れずに。

10月に参加させていただくアートイベントのDMを受け取りに、責任者さんの経営されるギャラリーを含むお店へ。
この責任者のおじ様?にお会いすると、いつもちょっとキンチョーしてしまう。
何故って、アートに真剣なその姿勢に、そして、年上の方にこんな表現は失礼かも知れませんが、その渋さの裏に、とっても純粋な心を何故だか実感してしまい、その方には何も隠せないな~・・・と自分が子供に戻ってしまうから。
いくつか打ち合わせを済まし、そしてそして、ちゃっかりさんぽ舎の個展のDM配り返しも忘れずにお店を後にしました。

その後は個展をさせて頂くcafe azulさんに打ち合わせ&DMをお渡しのためお伺い。
お忙しいお時間に鉢合わせてしまい申し訳なかったです。
でもでも、待っている間も美味しいハチミツティーを頂きながら、店長さんのてきぱき料理を作る後姿に、同じ女性ながら
「かっこいいなあ」とちょっと尊敬。
お忙しい合間をぬって打ち合わせを笑顔で進める店長さんはお若いのにとってもしっかりしていて、とってもお優しい方。
まだお知り合いになって間もないですが、何だか心の深い方だな~とお会いする度思ってしまう。
本当感謝しきれません。
お忙しい中ありがとうございました。


気がつけば、あっという間に辺りは真っ暗。
とっても楽しかった。
ありがとう。
最近アップアップしている私。
お友達のお陰で久々のリラックスタイムが過ごせました。
そして私のスケジュール管理まで一緒に考えてくれた彼女はまさに敏腕マネージャーそのもの。
素敵です。
今日は色々な方々に力を頂いた日でもありました。
何だか、背筋がピンと伸びた気分です。

何度か雨が降ったりしたけれど、タイミング良く屋内に居合わせたりと、結局一度も雨に降られることなく一日を過ごせました。



夜風に吹かれながら、チャリでのんびり帰宅すると、
テーブルの上に私宛の郵便物が。

千葉に住む大好きな親友からのプレゼント。
f0148410_336566.jpg


お名前は「四次元きゅーぶ」
カレンダー、温度計、タイマー、アラームと、4つの機能をあわせ持つ、私の大好きなドラえもんのお道具でした!

29歳の私に、バリバリ進学塾の校長なんて勤めてしまっている30歳の優秀な彼女が、どんな気持ちでこれを購入したのでしょうか。
これってまさに親心。
案の定、私はその場で大喜び。
私という人間を解っていらっしゃる。
機能もかなり気に入りました。わーいわーい。
ありがとう~!心の友よ~!(ジャイアン風)

明日は早速このどらちゃんアラームで目覚める予定。
楽しみ楽しみ♪
[PR]
by sanposha | 2007-09-15 23:59

う~ん。う~ん。

f0148410_2443265.jpg


現在煮詰まっております。
9月、10月と、色々頭を切り替えてしなければいけないことがあって。

絵を描こうにも描いては止めて、描いては止め・・・。
それでも、少しづつ描いてはいます。

こんな状態でよいのでしょうか?

画像のイラストは1年以上前に描いたもの。
特に気に入っていたわけじゃなくて、ずっとしまってあったモノ。
最近偶然見つけて、改めて見てみたら、何だか気になって。

心境の変化、なのか今の自分の心にしっくりきたので、載せてみました。
そうそう、この子も何だか暗いもんね。生きてんの・・・?と突っ込みたくなるほど無気力。

まずい、まずいぞー。この子にしっくりきちゃってる私。

でも、これも私の一部なのね。
[PR]
by sanposha | 2007-09-14 23:44

福岡に戻った日。

やっぱり実家はいいもんです。
案の定、いざ帰る時に「明日まで帰るの延ばす?」と心の中で駄々をこねる始末。
もうすでに一日延ばしているというのにね。

そんな時、関東東海を襲う台風が静岡に近づいてきて昨夜から外は大雨。
新幹線は運行停止になるし、周りの不安とは反対に、私の心は期待と共に「これで明日に延期できるかも?!」なんて考えちゃってるし。
でも一応新幹線の運行状況をJRに問い合わせてみると、親切なおじさんが出て「今とりあえずは運行を再開しているけれど、その後はどうなるかわかりません。この状況だと明日はどうなるか・・・」、そして私の状況を話すと、「今がラストチャンスだよ」の一声。

その声に、「ああやっぱり今日帰れ」と言われている気がして、悪あがきをやめて実家を後にしたのが午後3時過ぎ。

駅には今の今まで足止めされていた人々や、それを取材しているテレビ局などざわついていたので、本当に丁度いい時に家を出たなあ・・・とちょっと安心。

無事に新幹線に乗り込み、台風から逃れるように静岡を後にしました。

途中乗り換えの新大阪で台風の影響で少しだけ足止めをくったけれど、新幹線の運転手さんの集団が丁寧に説明してくれて、代理の新幹線がやってくるとの事。
結果はたったの3分遅れですんで良かったです。
JRの人々の努力を感じた時でした。尊敬しちゃいます。

無事に新幹線に乗った後は、読書に夢中で気がついたら博多に到着。
ああ、無事に着きました。ありがとう。

いつもは博多駅まで迎えに来てくれるかずちゃんも今日はお仕事でこれず、天神で待ち合わせする事に。
荷物を抱え、バスに乗って天神に着き、かずちゃんの会社の近くのカフェでまたまた読書に夢中になってると、先ほどまでいた実家の兄から電話。

「今静岡が台風の目に入った」とのお知らせ。そりゃもうすごい雨で大変な状況らしい。
改めて、「やっぱり今日帰って良かった・・・」と実感。
明日にしてたら、多分帰れなくて、どんどん延期になっていたと思う。

そうこうしていたら、かずちゃんがやって来て、すぐ向かえにある喫茶「風街」へ入り、パスタを頂きました。ここはかずちゃんの会社の人々のご用達のお店。
店内の雰囲気も安心感を感じさせ、なによりパスタが美味しい!
というか、自分の作る味好みにすごく近くてびっくり。
かずちゃんも、トマトソースが私の作る味付けに似てると早速言ってきたし。
もちろん風街さんの方が何十倍も美味しいけれど、何だか自分に似た人に出会った気分でした。
今回は閉店時間ぎりぎりに入ったので、慌ててお店を後にしたけれど、今度はゆっくり来たいな。

帰りはタクシーに乗って帰路に着きました。
[PR]
by sanposha | 2007-09-06 23:59


メモ帳
zakka+art

さんぽ舎
http://www.sanpo-sha.com
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧