さんぽ舎のアトリエ


日々の制作
by sanposha
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:和生活( 5 )

着付け教室4

外は大雨。
荷物を抱えて何とか教室へ向かう。
今日は名古屋帯の結び方をヒタスラ反復練習。
どうにかこうにか結べるようになったけれど、まだ全然ぎこちない。

でもでも、うまく結べるようになりたい!と必死に思うのと一緒に
面白くって何度も笑いがこみ上げてしまう。
あんなにシンプルなのに、ホント、奥が深いね・・・

帰宅後は、仕事が休みのカズちゃんと、雨が嫌いなケンチャンとのんびり過ごしました。
[PR]
by sanposha | 2007-10-09 23:37 | 和生活

着付け教室3

今日は午前中にバックを2個仕上げました。
その後は着付け教室。
今回の授業では名古屋帯の結び方を学びました。
あんなステキな結び方をあみ出した日本人ってすごい!
きっと昔の乙女達が発掘したんだろうな~・・・とつい意識が遠くに行ってしまうほど、
何だか感動。
その後は教室の皆さんとお菓子とお茶を持ち寄り、懇親会。
皆さんとっても素敵な方々ばかりで本当に楽しい教室です。
そしてかなり面白い!
最初はどんな人たちと学ぶんだろう~・・・とちょっとドキドキでしたが本当に良かった~。
今では毎週火曜日が何だか楽しみ♪
来週は職人さんをクラスで訪ねる事になっていて、ワクワクしています。

さあ、そろそろ制作に戻らねば。
個展まであと少し。
頑張ります。
[PR]
by sanposha | 2007-10-02 20:13 | 和生活

着付け教室2

f0148410_332163.jpg

今日は待ちに待った着付け教室の授業でした。
「着物を学びたい」という同じ気持ちを持った様々な方々が無差別に集められた空間が
新鮮でナンとも面白い。
授業では一気に着物まで着付けを習いました。
あとは、感覚で覚えるまで、なんども反復。
すごく学びやすいです。

今は着物も本当に着やすい時代になったんですね。
小道具も色々改良されていて、苦しくないし、解りやすいし、
コツをつかめば自分でもきっと綺麗に着れる!という希望が持てました。

来週は名古屋帯の結び方を学ぶ予定。
講師の先生が本当かっこよく着物を着こなしていて、とっても素敵。
まさに博多美人。
あんなさらっと着こなせるようになりたいです。

12月にはお友達の結婚式があるし、
その時には自分で着物を着て行きたいな。
コレが目下私の目標です。
[PR]
by sanposha | 2007-09-25 23:55 | 和生活

お稽古初日

f0148410_19574619.jpg

体調もだいぶ改善して、張り切って行ってきました。
今日からスタートの着付け教室。
初日と言う事で、自己紹介やら小物の名前や説明で終わりましたが、
十分勉強になりました。
心はすでに来週に向けてワクワク♪

着付けは母から少しづつ教わっていました。
でも、実家に暮らしていないため里帰りの機会に習う程度。
そして、福岡では一人で着なくてはいけない・・・という現実に気づき・・・

どうしても、自分だけで着れる様になりたい。
もっともっと、着物や和の伝統に触れたい。
そして普段から着物生活をしたい。

そんな思いからちゃんと着付け教室に行く事に。

ふと、考えてみると私のまわりには和に触れる機会が沢山ありました。
だから意外と色々着てきたかもしれません。

おばさんはお茶の先生。
そして私の母は若い頃からお茶とお花、そしてお琴を習っていました。
(んま~。いかにもってなくらいの昔の花嫁修業タイプ?)
だから、家にはお着物やらお琴、母が生けるお花など、
さりげなく和が存在していました。
母がそうだから、当然おばあちゃんもそうなわけで、まるでお家芸のように
私も子供の頃から何かにつけてお着物を着せられていました。
子供の頃には解らなくて、お琴の弦を遊んで壊してしまったり、遠山の金さんの真似をして、お着物を着て近所を走り回って汚してしまったり。

でも、その頃から母の生けるお花には、子供ながらに何か神聖なモノを感じていたのを覚えています。
毎年お正月になると、母が生けるお花を家族で愛でるこの習慣は今でも続いています。

子供の頃に買ってもらった大きな日本人形。
通称「おでこちゃん」。
この子は今も実家の私のお部屋に君臨しています。
友達は「怖っ!」と言いますが、
私にとっては苦楽を共にした仲良しさんです。
福岡にも連れてきたかった。

毎回実家に帰ると、必ず母と呉服屋さんへ。
私も母も何故かノリノリ。

今回着付け教室に行く事を誰よりも喜んでいるのは母かもしれません。


家族のあちこちにさりげなく和が存在。
私だけじゃなくて、けっこう皆こんな感じなのでは。

やっぱりここは日本です。
[PR]
by sanposha | 2007-09-18 20:56 | 和生活

和の一日

f0148410_1555749.jpg


朝、作業部屋からの景色です。
この景色を見て、何だか徹夜の疲れも吹き飛びました。
なんて綺麗な星に住んでいるんだろう。私ってラッキー。

さてさて、今週は和がテーマ。
浴衣を着る機会も多いし、現在制作中のオ-ダーバックは刺し子さん。

浴衣の夏という事で、今日はかずちゃんのお母様と浴衣でお出かけ。
最初は飯塚の花火大会に行く予定だったのだけれど、急きょ変更。
花火大会だから浴衣を着るっていう事じゃなくて、
特別じゃない日に何でもないけど着るのもいいね、と。
二人で天神をブラブラしようということになりました。

そこで可愛いお店を発見。
8月にオープンしたばかりの和をテーマにした「カランコロン京都」。
f0148410_233934.jpg


かなりツボにはまってしまった。
大好きな手ぬぐいも沢山あって、その全部がオリジナルのテキスタイル。
なんともまあ、素敵過ぎる。
他にもお花などから作られた潤いクリームなど色々あって、私は優しい香りの白バラを購入。

ああ、あんまり可愛いお店だから、これからも通ってしまうんだろうな。
その後は帯締めを求めてあちこちフラフラ、途中でカフェで一休み。
普段はあんまり行かない敷居の高い着物屋さんにも足を運んだりして、想像もつかないような職人さんの芸術に感動。

浴衣を着て、和に触れて。カラコロ歩いて。
なんだかすっごく癒された一日でありました。
本当に和の力ってすごい!
[PR]
by sanposha | 2007-08-16 23:55 | 和生活


メモ帳
zakka+art

さんぽ舎
http://www.sanpo-sha.com
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧